ショッピングリボ払いおまとめローンできる?審査厳しい?アコムは?

ショッピングリボ払いでおまとめローンの審査でつまづいている人はゼッタイに通らないとあきらめていてはいけません。

ローン審査で行われる項目には属性審査と個人信用情報がありますが特に目立った問題点が無ければ審査通過に期待が持てます。

年収が低い人でも借入金額とのバランスが保たれていれば心配いりませんが年収の1/3を超える借入総額の場合は審査落ちは必至です。

勤続年数は最低でも1年以上、理想的には3年以上が必要となり非正規雇用よりは正規雇用の方が断然、審査に有利です。

金融業界では多重債務者は好まれませんのでいわゆるブラックリストに載っている人は審査落ちは確実です。

おまとめローンは複数の消費者金融などから借り入れしている人が借入先を整理するために新規の借入先を見つけてこれまでの借金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンは既存の金利よりも低い金利のローンから借り入れて既存のローンを一括返済して新規ローンで返済していくということになるため、いわゆるローンの乗り換えということになります。

これらは金融上の定義づけはとしては異なるのですが、厳密に区別されることはなくおまとめローンというサービス名ですが、実情は借り換えローンという金融機関も多いです。

一般的に消費者金融は金利が高いとれさ、一方銀行は審査が厳しいというのが定説ですが必ずしもどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得ということはありません。

両者の決定的な違いは消費者金融のおまとめローン・借り換えローンは追加融資はできませんが、銀行はフリーローンが多く、通常のカードローンと同様に限度枠内なら何度でも借入や返済が可能なのです。

ショッピングリボ払いでおまとめローンを利用すると利息を減らすことができると言われていますが、これは、限度額の少ないカードローンを複数社利用していることが原因です。

おまとめローンによって利息が減るのかどうかは事前にきちんと金利の計算をして確認しておくことが大切です。

おまとめローンをやっている金融機関の多くは自社のホームページに返済シミュレーションを設けています。

現在の借金額や金利を入力するだけでおまとめローンにした後の毎月の金利や返済額が即座に表示されるので簡単に比較できます。

消費者金融よりも銀行ごとの金利差のほうが大きいので銀行のおまとめローンを考えている人は返済シミュレーションを使って正確な金利の計算を行いましょう。

銀行では、おまとめローンという名前の商品よりも借り換えローンやフリーローンという商品のほうが一般的です。

銀行には総量規制がないので与信枠内であれば追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融は総量規制の特例貸付が適用されているので、返済専用のローンとなっています。

銀行のフリーローンの場合、事業用資金以外は使い途に制限はされませんが消費者金融の場合、貸金業の返済のみに限定されています。

銀行のおまとめは消費者金融と比べた場合、低金利で高額融資なのですが消費者金融の場合、最大金利が18.0%、最大融資額は300万円となり銀行よりも条件は悪いです。

ですが、消費者金融のおまとめローンならば比較的審査に通りやすいですし審査結果や融資までの時間が早いので、銀行にはないメリットもたくさんあると言えます。

ショッピングリボ払いでおまとめローンを利用すれば複数の借入れを1本化できるのでバラバラだった返済日が1日になるので管理が楽になります。

おまとめローンにも与信審査がありますが通常のカードローンよりも最低金利が高く、限度額が低いことが多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利の違いは銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は6.3%から17.8%(プロミスおまとめローン)となっています。

どちらの金融業者のおまとめローンを利用するにしても毎月の返済金額を下げるという事は返済期間が長くなるということです。

返済期間が長期化すれば加算される利息も多くなるので返ってトータルの返済金額は大きくなってしまいます。

三菱UFJフィナンシャルグループのアコムにはおまとめローンとして使える借換え専用ローンがあります。

総量規制の影響で消費者金融の融資は年収により上限がありますがおまとめや借り換えは総量規制の例外貸付が適用されるので対象外となります。

一方的に利用者が有利になることが前提である例外貸付とはおまとめや借り換えを含めた借入れ総額が年収の1/3を超えても認められる融資です。

アコムのカードローンに比べて借換え専用ローンは300万円と低めの限度額ですが逆に最低金利は借換え専用ローンの方が高めの設定です。

借換え専用ローンの借入金については限定されておりショッピングローンの返済には使う事ができません。

おまとめローンの手続きを順序良くに進めるために必要書類や手続き方法等紹介いたします。

必須の書類としては本人確認書類があり主に運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類が必要になります。

借入残高を証明する書類についてはおまとめローンを組む金融機関によって異なりますが消費者金融でおまとめローンを組む際には総量規制の例外貸付を適用する事になりますから必要です。

収入証明書はおまとめをする金融機関によって異なりますが消費者金融の場合50万円以上、銀行の場合100万円以上のローンから必要となることがあります。

収入証明書は源泉徴収票等が該当します。

特殊な書類ですのでおまとめローンを検討している方は、早めに用意する手続きをとっておくことをおすすめします。

参考:ショッピングリボ払いおまとめローンは?審査通る?【アコムNG?】

おまとめローンというローンは頻繁に利用するローンではありませんから利用を考えている多くの人が、わからないことだらけに頭を悩ませていることかと思います。

手続きの方法をはじめ、メリットやデメリットなどといった疑問はおまとめローンの商品を取り扱っている金融機関の「よくある質問コーナー」に答えが掲載されています。

おまとめローンを検討するべきか否かなどといった一般的な質問についてはインターネットで「おまとめローン よくある質問」と検索して探してみましょう。

情報サイトには消費者金融と銀行のおまとめローンのメリット・デメリットもわかりやすく記載されていますし金利やサービス内容なども比較されているので、非常に分かりやすいです。

審査に通るポイントなど、初めておまとめローンを組むという人には有益な情報が多いのでおまとめローンの利用を考えている人はチェックしてみることをおすすめします。

おまとめローンに申し込んでみたものの審査に落ちたという人はいませんか?その原因がわからなければ、次のおまとめローン審査を受けても通らない可能性があります。

審査項目には年収をはじめ、勤務先や勤続年数、借入件数などがあり、問題が無ければ審査を通過することができます。

年収は多い方がもちろん有利となりますが、肝心なことは借入総額とのバランスで借り入れ額がある程度までであれば返済可能と判断されることが多いようです。

勤務先は公務員や大企業の社員だと評価が高くフリーランスやフリーター、入社1年未満という場合は低評価となります。

個人信用情報というのは借入や返済状況を審査される項目で過去に自己破産をしていたり、返済の遅延、あるいは滞納があった人は、審査を通るのは難しいかもしれません。

マイカーローンは5年から7年かけて返済していくことになりますのでショッピングローンとしては長い方ですがそもそも自動車自体が高額商品のため、毎月の返済額が高くなってしまうのは避けられません。

その間に給料が下がったり転職などで収入が減ると毎月の負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたおまとめローンを組んでしまうということも選択肢としてあり得ます。

銀行のおまとめローンならその発想も有効なのですが消費者金融は、マイカーローンのおまとめはできないかもしれません。

なぜならば、消費者金融のおまとめローンというものは、「貸金業者」からの借金を1本化するためのものなので銀行から融資を受けたマイカーローンは利用対象外になってしまうのです。

信販会社で組んだマイカーローンもキャッシング枠ならば対象ですが通常のマイカーローンのようにショッピング枠で購入したのであれば利用することはできません。

プロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンと呼ばれるキャッシングサービスがあります。

消費者金融のカードローンとの大きな違いは総量規制の対象外であることや追加融資ができない返済だけのカードローンということです。

6.3から17.8%と高めの金利設定になっていますが銀行のおまとめローンよりもスピード感があります。

最大限度額が300万円なので全ての借入れをまとめることができないかもしれませんが申込資格は20歳から65歳以下で安定継続した収入がある人だけなので勤務形態の規制はありません。

借入金は既存の借入先へ代行して返済してくれるだけでなく代行手数料や振込手数料、更には繰り上げ返済手数料も無料になるメリットがあります。

おまとめローンというものは複数の借入れ先を1つにまとめることができるローンで複数社に返済することでバラバラだった返済日を1日にまとめることができますし、月々の返済額を低くすることができます。

月々の返済額が減ることで経済的な負担が軽減するというメリットがありますが返済する元本はそのままですので返済期間は長くなる事になります。

返済期間が長期化すれば、長くなった分だけ金利は発生しますから返済する総額はおまとめする前より増えることになります。

一方で、与信限度枠が高ければ適用金利が低くなりますのでおまとめローンで高い与信限度額の承認がもらえさえすれば、現在抱えている借金の金利よりもずっと低金利で借り入れられることになります。

おまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションしておくことで支払総額を増やさなくても、毎月の返済を楽にできます。

おまとめローンのメリットは多重債務を1本化できるので借入れ総額の管理がしやすくなり、条件によっては金利を下げることも可能です。

良いことばかりのようなイメージのおまとめローンですがデメリットも多く存在するので利用する前に熟知しておく必要があります。

おまとめローンにも契約前にカードローン審査がありますが多重債務者であることなどの要因で審査のハードルは高くなります。

毎月の返済額を少なくしたいという人は返済期間が長くなるので利息が多くなりますから、現在よりも損をすることになります。

月々の返済額が少なくなると気持ちに余裕が出てくる人もいるようで返済が完了している業者から、再度融資を受ける人もいるようです。

複数の金融業者から借り入れがあると引き落とし日がバラバラなので、管理するのも一苦労ですね。

借入件数が多い人は与信限度額が低いために何社からも借りることになったのでしょう。

金利の設定は借入限度額が高いほど低くなりますから借入先は1社にまとめたほうが効率的です。

しかし、多重債務者は金融機関では歓迎されないので返済額の全てを完済できる金額を融資してもらうのはハードルが高すぎます。

しかし、多重債務者の負担を軽減するのがおまとめローンなので積極的に利用することをおすすめします。

おまとめローンとは複数社から借り入れている借金を1本化することによって月毎の返済額や利息の負担を軽減させるというメリットがあります。

しかし、利息や返済金額を抑えることができても間違った返済方法を選択してしまうと、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンにしても元本は変わらないので毎月の返済額を下げたら返済期間は長くなります。

返済期間が延びれば当然支払う利息も増えるので返済する総額は、おまとめ前より多くなってしまうのです。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型ですので、追加融資は無理なのですが銀行のおまとめローンはフリーローンが多いため、追加融資を受けられるメリットがある一方、借入額が増えるリスクも含んでいます。