消費者金融審査の申し込みを調べてみた

消費者金融審査通るスピード

人気が高い金融機関の評価ポイントは低金利で審査が早いといった理由があげられます。

とはいえ消費者金融の場合、総量規制が関与してくるのでサービス内容で差をつけるのは難しく借入限度額に関しては、借り手の経済力も影響するので大きな要因ではないと思われます。

人気ランキング上位のデータ比較してみてもいずれも審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差がないのです。

諸条件よりも、手続きが簡単であるかや自動契約機や、提携ATMが多いことのほうが人気の秘訣のようです。

又、CMに起用される芸能人の好感度やCMから伝わってくるイメージも大きく影響していると思います。

消費者金融のキャッシングと銀行カードローンには両者それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のメリットはずばり審査時間が早いといったことなどがありますが銀行カードローンと比較して金利が高めに設定されていたり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法と規制を受ける法律が異なっており貸金業法には総量規制があります。

これは、借り過ぎに歯止めをかけるために制定された規制で年収の1/3を超える借り入れを禁止したものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保があるローンは除外されカードローンやキャッシングのように、無担保のローンにだけ適用されます。

消費者金融は法律の改正やCMでのイメージアップでブラックというイメージが払拭されつつありますね。

近年においては就職先としての人気も上昇中のようなので消費者金融業界の業務内容や労働条件を解説します。

業務内容について紹介すると、まず債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済が遅延している人に対し電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職するにあたり、必須の資格ではありませんが店長(責任者)に昇格するには「貸金業務取扱主任者」の資格が必須となります。

気になる年収について紹介します。

年収は大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成などの成果を上げるとボーナスという形で評価されます。

お金を貸してくれる金融機関は数多くありますが主に銀行とノンバンクに分類されます。

ノンバンクと呼ばれるものは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社や消費者金融などがあります。

クレジットカード会社などは、商品代金の立て替えが主な業務となり利用限度枠内でキャッシングのサービスも提供しています。

これに対して消費者金融というのは貸金業専門となりますので限度枠内であれば何回でも借入と返済が可能となることが主な特徴です。

消費者金融と銀行の異なる点は業務内容です。

銀行は金融以外に為替や証券取引、保険など広範囲なことが挙げられます。

カードローンの申込方法はいくつかあり一般的には、郵送や電話インターネットによる申し込みがあります。

郵送を希望する場合は、店舗などから申込書を入手して必要事項を記入後、送付し審査結果を待ちます。

審査に通過し必要資料のコピーを同封して送れば契約手続きが行われて、ローンカードがお手元に届くという流れになります。

ちなみに、パソコンやスマホからの申し込みの場合ローン会社のサイトにある申込フォームに入力して送信するだけでOKです。

審査通過メールが届いたら記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等で撮影してアップすればOKというweb完結が今の主流です。

消費者金融というものは借りる時はとても簡単だけれど返済が遅れるたら恐ろしいくらい利息が付くとったイメージを持つ人は多いと思います。

昔は、法律無視の強引な取り立ても多く社会問題にもなっていましたが近年は法律が改善されたことにより、そのようなことはありません。

金利は銀行カードローンより高い場合が多いのですが提携ATMの数は銀行よりも格段に多いです。

借入や返済もコンビニで簡単に行える上、ATM手数料が無料の場合が多いので銀行カードローンよりも便利と言えます。

また、レディースローンを提供している消費者金融もあるので女性でも安心して借りやすいと評判です。

消費者金融審査のデメリットは

消費者金融のキャッシングのメリットといえば簡単に借り入れることができ好きな時にATMから返済可能なので手軽に利用することができます。

ですが、カードローンは使い方によっては非常に有用なものなのですが住宅ローンなどの借り入れ額が大きいローンを組めなくなる可能性があります。

住宅ローンは長期に渡って返済していくローンですから借り入れを希望する人はまずは金銭的に安定していることが求められます。

カードローンを利用している人は慢性的な金欠状態と判断され事前審査の段階で落とされてしまうでしょう。

完済していてもローンカードを有しているだけで審査が不利になってしまいますので住宅ローンを組む場合にはカードローンは解約しておいたほうが良いと思います。

お金を融通してもらう方法としてカードローンがありますが銀行の提供によるものと、消費者金融の提供よるものとで2種類があります。

銀行カードローンは金利が低く、貸出限度額が大きいのですがその分審査も厳しいので、属性が高い人におすすめのカードローンといえます。

消費者金融のキャッシングは利息が高めですが、最大貸出限度額が低く、借主の年収や借入れ状況によっても限度額が変わります。

そのため、消費者金融の方が銀行よりも不利と言えますが、消費者金融のキャッシングの方が銀行と比較して、審査に通りやすいと言われています。

消費者金融のキャッシングは審査の結果も非常にスピーディーで、即日融資もあるので今すぐお金が必要!というときに利用されることをおすすめします。

消費者金融のキャッシング審査は相対的に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、それなりの理由があると思います。

まず、過去に自己破産をした人や返済が滞った事がある人は金融業界で要注意人物としてブラックリストに入れられている可能性があります。

また、消費者金融には総量規制というものがあり年収の3分の1を超える借り入れはできない規則に抵触している可能性もあります。

要は、年収300万円の人は100万円が限度額となり、すでに他社から50万円の借金がある場合は新規のカードローンでは50万円までということです。

又、複数の金融業者から融資を受けている人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも審査に通るのは難しいと言えるでしょう。

カードローンとは審査によって貸出限度枠が設定されその範囲内であれば借り入れや返済を自由に行うことができるキャッシングローンです。

決まった日時に借入残高の利息が計算されて毎月の返済日に必ず引き落としされる約定返済という返済方法が基本となります。

引き落される金額は残高によってランク分けされることになりその金額の範囲内で利子を引いた後の金額が元本の返済に充てられるという仕組みです。

ですから、利息の計算日までにできる限り元本を減らしておくことが利息を安くする有効な方法となります。

ローンの返済には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり繰り上げ返済はまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができますので積極的に利用しましょう。

近頃の消費者金融というと好感度の高いタレントをCMに起用するなどクリーンなイメージがあると思いますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる暗い業種でした。

その頃はバブル経済真っ只中で金銭感覚がおかしくなってしまった人たちが多く気軽にお金を工面してくれるサラ金で借金を繰り返していました。

借りたお金には利子をつけて返さなければいけないのですが気軽に借金する人ほどお金に対する感覚がマヒしてしまっているので当然返済できるわけがありません。

当然、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないことには損益となりますからかなり暴力的な手段で取り立てを行っていました。

今は乱暴な取り立ては法律違反となりますので以前のように怖い人が自宅まで押しかけてきて借金を取り立てるようなことはありません。

お金を出資してもらうことができる金融機関には近年は銀行でもカードローンを取り扱うようになったので短時間で融資を受けられるようになりました。

金融機関というのは利子を付けて返済してもらう事で売上を確保して企業としての利益を上げています。

銀行と消費者金融の金利を比較すると通常は銀行の金利の方が低く、消費者金融の金利の方が高いと言われています。

まんざら消費者金融のほうが高金利とは言えません。