消費者金融審査が申し込みという口コミって?

消費者金融審査は厳しい

消費者金融というと借りる時はすぐ貸してくれるけど返済が遅れたら取り立てが凄いというイメージを持つ人は多いと思います。

以前は、法律を無視した強引な取り立てが多かったのですが近年は法律が改善されたことにより、そのようなことはありません。

金利は銀行のカードローンと比べると高めですが提携ATMの数は銀行よりも格段に多いです。

借入れや返済に関してもコンビニなどで簡単に行えますしATM手数料が無料というところが多いので銀行カードローンよりも便利だったりします。

レディースローンを用意している消費者金融も多いので女性の利用者も増えています。

消費者金融は貸金業という法律がありますので銀行を規制している銀行法とは違う法律の適用を受けています。

金融業において貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には総量規制があることです。

総量規制は、個人の年収の1/3を超える金額の融資を禁止するものでこの規制により、利用者の借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

従って、収入が0の専業主婦たちは消費者金融を利用しようと思っても仮審査の時点で却下されてしまいます。

一方、銀行は銀行法なので総量規制がありません。

専業主婦の方でも利用することができます。

お金を借りる方法としてカードローンがありますが銀行が提供しているものと消費者金融が提供しているものの2種類があります。

銀行カードローンというと低金利で、貸出限度額が大きいのですがその分審査も厳しいので、属性が高い人におすすめのカードローンといえます。

消費者金融のキャッシングはというと金利が高め、最大貸出限度額も低く、個人の収入や借入れ状況によっても限度額が大きく左右されます。

このことから、消費者金融の方が銀行よりも諸々の条件で不利な点が多いように思えますが、消費者金融のキャッシングの方が銀行と比較して、審査に通りやすいと言われています。

また、審査結果もスピーディーで、即日融資も可能ですから急いで借りたい!手っ取り早く借りたい!という人におすすめします。

消費者金融のキャッシングのメリットはなんといっても簡単に借り入れることができ好きな時に返済できるので手軽に利用することができることですよね。

ですが、カードローンは使い方によっては非常に有用なものなのですが住宅ローンなどの大きなローン組めなくなることが心配されます。

住宅ローンというものは数千万円を長期に渡って返済していくローンになりますので借り入れを希望する人はまずは金銭的に安定していることが求められます。

ですから、カードローンを利用中の人は慢性的な金欠状態と判断され事前審査すら通過しない可能性が大きいです。

返済済みであってもローンカードを所持しているだけで審査は不利になりますから住宅ローンを組むことになった場合、カードローンは解約しておいたほうが無難です。

お金を借りることができる金融機関には銀行の他に、クレジットカードでのキャッシングなどがありますね。

昔は銀行からお金を借りるためには複雑な手続きが必要で融資までに時間がかかりましたが近年は銀行でもカードローンを取り扱うようになったので短時間で融資を受けられるようになりました。

売上となり、企業としての利益として計上されます。

消費者金融の金利と銀行金利を比較してみると通常は銀行の金利の方が低く、消費者金融の金利の方が高いと言われています。

あながち消費者金融のほうが高金利であるとは言い切れません。

住宅ローンは保証人や担保が必要となりますがカードローンは担保や保証人不要の無担保ローンです。

住宅ローンとういのは長期に渡って返済するものですから返済期間中に返済ができなくなったということにならないよう念入りに審査する必要があります。

その一方で、カードローンやクレジットカードなどのローンというのは住宅ローンほど大きな金額ではありませんし、返済期間も長期ではありません。

そのため、個人の信用だけで借りることができますし保証人や担保を設定する必要がないのです。

何より、保証人を立てて審査をすることになった場合時間がかかってしまうためカードローンの良さとされるスピード感の魅力がなくなってしまいます。

消費者金融審査は簡単

人気が高い金融機関の評価ポイントは金利が安い、審査が早い、手続きが簡単、手数料が安いなどがあげられます。

ですが、消費者金融は総量規制があるのでサービス内容で他社との違いを出すのは難しく限度額に関しても借り手の経済力が左右するため、人気の要因ではないと思われます。

人気ランキング上位を見てみるといずれの金融機関も審査は最短30分、最大金利18.0%程度なのであまり差はありません。

条件云々よりも、スムーズに手続きが完了するかどうかや自動契約機があること、提携ATMが多いことがランキング上位の条件のようです。

又、テレビなどのCMに起用されているタレントさんのイメージやCMから伝わってくるイメージも大きく影響していると思います。

消費者金融は銀行に比べたら格段にお金が借りやすく数年前までは、簡単な手続きで借り入れることができました。

当時は今のように法整備が確立しておらず、規定の金利よりも高金利でローンを組んでしまったという人がたくさんいました。

これこそまさに過払い金というもので多く払い過ぎてしまった金利分を意味します。

多く支払わされた過払い金は返還してもらう権利がありますが、払い戻しには請求期限があります。

完済日から10年経ってしまうと時効となり請求権を失効しますので心当たりがある人は過払い金請求に詳しい法律相談事務所に相談することが大切です。

消費者金融のキャッシングの金利というと銀行カードローンよりも高い場合が多いです。

消費者金融のキャッシングの利は3.0%から18.0%が平均なのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので金利の低さは一目瞭然です。

消費者金融の最大貸出限度額は、500から800万円と設定されていることが多いのですが銀行カードローンの場合は一部の銀行を除いて800から1
200万円と高額です。

ちなみに、銀行カードローンは事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のキャッシングの場合は事業用資金OKとされていることが多いです。

又、銀行カードローンの場合は同行に口座を開設するなどの条件が付きますが消費者金融の場合は預金機能がありませんので、面倒な条件もありません。

消費者金融は借りる時はとても簡単に貸してもらえるけど返済が遅れたら取り立てが凄いというイメージを持つ人は多いと思います。

数十年前は、法律を無視した怖いお兄さんによる強引な取り立てが多かったのですが近年は消費者金融も法律を守るように改善されたので、そのようなことはありません。

金利は銀行のカードローンと比べると高めですが提携ATMの数は銀行よりも多いです。

そのため、借入れや返済に関してもコンビニなどで簡単に行える上にATM手数料が無料だったりするので、銀行カードローンよりも使い勝手が便利です。

また、レディースローンを用意している消費者金融もたくさんあるので女性でも安心して借りやすいと評判です。

住宅ローンなどの高額なローンには保証人や担保が必要となりますがカードローンは担保や保証人不要の無担保ローンです。

住宅ローンとういのは長期に渡って返済するものですから返済期間中に問題が発生することのないよう、念入りに審査する必要があります。

カードローンやクレジットカードなどのローンというものは住宅ローンほど大きな借入額になりませんし、返済期間も短期が一般的です。

そのため、個人の信用だけで借りることができますし保証人や担保も不要です。

何より、保証人や担保があると審査に時間を取られるためカードローンの良さであるスピード感が失われてしまいます。

お金を工面する方法としてカードローンがありますがカードローンには銀行のものと消費者金融のものと2種類があります。

銀行カードローンというと低金利で、貸出限度額が大きいのですがその分、審査が厳しくなっているので、属性が高い人におすすめのカードローンです。

消費者金融のキャッシングの場合、利息が高めとなっているほか、最大貸出限度額も低く、個人の収入や借入れ状況によっても限度額が大きく左右されます。

消費者金融の方が銀行カードローンよりも諸々の条件で不利ですが、消費者金融のキャッシングの方が銀行と比較して、審査に通りやすいと言われています。

消費者金融のキャッシングは審査の結果も非常にスピーディーで、即日融資もあるのでとにかく急いで借りたい、手っ取り早く借りたいという人にはおすすめです。