消費者金融審査が申し込みという2ch情報まとめ

消費者金融審査は担保が大事

住宅ローンは保証人や担保が必要となりますがカードローンは担保や保証人不要の無担保ローンです。

住宅ローンは住宅を購入するという目的のためのローンで長期に渡る返済ですから返済期間中に問題が発生することがないかを入念に審査する必要があります。

カードローンやクレジットカードなどのローンというものは住宅ローンほど大きな金額ではありませんし、返済期間も長期ではありません。

ですから、個人の信用だけで借り入れることができますし保証人や担保も必要ありません。

何より、保証人や担保があると審査に時間を取られるためカードローンのメリットであるスピード感が喪失していまいます。

一般的に消費者金融のキャッシングの金利というものは銀行カードローンよりも高金利になっていることが多いです。

消費者金融のキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%が一般的ですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので金利の低さは一目瞭然です。

最大貸出限度額は消費者金融の場合は500から800万円という業者が多いですが銀行カードローンは800から1
200万円と高額です。

(一部の銀行を除く)しかしその一方で、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のキャッシングは事業用資金として使用することを認めている場合が多いです。

又、銀行カードローンは同行に口座を開設するなどの条件が付加されたりしますが、消費者金融の場合は預金機能がないので、口座開設などといった条件が付随することもありません。

お金を融通してもらう方法としてカードローンがありますが銀行が融資してくれるものと消費者金融が融資してくれるものと2種類があります。

銀行カードローンのメリットは低金利で、限度額が大きいということが挙げられますが審査が厳しいこともあり、属性が高い人におすすめしたいカードローンです。

消費者金融のキャッシングはというと金利が高め、最大貸出限度額も低く、個人の収入や借入れ状況によっても限度額が大きく左右されます。

消費者金融の方が銀行カードローンよりも諸々の条件で不利ですが、消費者金融のキャッシングは比較的審査に通りやすいと評判なので属性に自信が無い方にもおすすめです。

消費者金融のキャッシングなら審査結果の通知も早いですし、即日融資も可能なのでとにかく急いでお金が必要!という方にとてもおすすめです。

近頃の消費者金融というと好感度の高いタレントをCMに起用するなどクリーンなイメージがあると思いますが一昔前は、サラ金や街金と言われちょっと怖い業種でした。

その頃はバブル経済で金銭感覚がマヒした人たちが多く容易にお金を用立ててくれるサラ金や街金で借金を繰り返していきました。

借りたお金は利息をつけて返さなければならないのですが簡単に借金する人ほどお金を甘く見ていますから返済できるわけがありません。

一方で、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないと損益が出ますから反社会的集団的な人たちと思われるかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は怖い人たちによる乱暴な取り立て行為は法律で禁止されていますので以前のように自宅まで押しかけてきて玄関先で大声で怒鳴るようなことはなくなりました。

近頃の消費者金融といえば法律の改正やCMでのイメージアップ効果によって怖い、ブラック企業というイメージから払拭されつつあります。

最近では就職先としての人気高いようなので消費者金融業界の仕事内容や給与、労働条件などを紹介いたします。

主な業務内容は債務者の個人データをパソコンに入力・管理し、返済遅延者には電話やメールにて督促を出します。

就職に際して取得しておくべき資格はありませんが店長(責任者)になるには「貸金業務取扱主任者」の資格が必要となります。

気になる年収ですが大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成などの成果を上げるとボーナスという形で評価されます。

お金を融資してくれる金融機関は数多ありますが大きく分類すると銀行とノンバンクに分けられます。

一般的にノンバンクと呼ばれているものは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社や消費者金融などがあります。

クレジットカード会社や信販会社は商品代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内でキャッシングサービスも行っています。

一方、消費者金融とは貸金業専門の金融機関となり限度枠内であれば何回でも借入と返済が可能となることが主な特徴です。

消費者金融と銀行の異なる点は業務内容です。

銀行は金融以外にも為替や保険など多岐にわたり様々な商品を取り扱っています。

消費者金融審査は大事

消費者金融のキャッシングと銀行カードローンは似て非なるものです。

それぞれにメリットデメリットがあるので比較してみました。

消費者金融のメリットは審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較すると高金利であったり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法というそれぞれ別の法律の規制がかけられているのですが貸金業法には総量規制と呼ばれるものがあります。

これは、借り過ぎを防止するために設定された規制で借り手の年収の3分の1を超える借り入れを禁じた規制となっています。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのように有担保ローンは除外されカードローンやキャッシングのように、無担保のローンにだけ適用されます。

お金を融通してもらう方法としてカードローンがありますがカードローンには銀行のものと消費者金融のものと2種類があります。

銀行カードローンというと低金利で、貸出限度額が大きいのですがその分、審査が厳しくなっているので、属性が高い人におすすめのカードローンです。

一方、消費者金融のキャッシングは利息が高めで、最大貸出限度額も低く、借主の年収や借入れ状況によっても限度額が変わります。

そのため、消費者金融のキャッシングの方が銀行カードローンよりもデメリットが多いように思えますが、消費者金融のキャッシングの方が銀行と比較して、審査に通りやすいと言われています。

また、審査結果の通知も早く、即日融資もしてもらえるので急な出費で急いで借りたいという人にはおすすめです。

人気が高い金融機関の理由は低金利、スピード審査、手数料が安いなどといったことが挙げられます。

ですが、消費者金融は総量規制があるのでサービス内容で他社との違いを出すのは難しく限度額も借り手によって異なるので、評価の要因にはなり得ません。

人気ランキング上位を見る限りいずれの金融機関も審査は最短30分、最大金利18.0%程度なのであまり差はありません。

それよりも、手続きが分かりやすいということや自動契約機があること、提携ATMが多いことがランキング上位の条件のようです。

又、テレビなどのCMに起用されているタレントさんのイメージやCMから伝わる企業イメージというのも大きく影響しています。

お金を貸し付けてもらうことができる金融機関には銀行の他に、クレジットカードでのキャッシングなどがありますね。

昔は銀行からお金を借りるためには複雑な手続きが必要で融資までに時間がかかりましたが近年は銀行でもカードローンが取り扱われているので短時間で借りられるようになりました。

消費者金融の金利と銀行金利を比較してみると一般的には消費者金融の金利の方が高いと言われています。

とはいえ、中には金利が高い銀行カードローンもありますのでまんざら消費者金融のほうが高金利とは言えません。

カードローンの新規申込の方法はいくつかあり一般的には、郵送、電話、インターネットによる申し込みが可能です。

郵送の場合は、店舗や電話オーダーで申込書を入手して必要事項を記入した後に返送して審査結果を待ちます。

審査に通過し必要資料のコピーを同封して送れば手続きが行われて、ローンカードが郵送されてくることになります。

ちなみに、パソコンやスマホからだと消費者金融のサイトにある申込フォームに入力して送信するだけです。

審査が通過した旨のメールが届いたらメールに記載されているサイトへアクセスして必要書類をカメラで撮影してアップすれば審査完了となる「web完結」が主流です。

消費者金融は銀行に比べてお金を借りやすく数年前までは、本当に簡単な手続きで借りることができました。

当時は今のように法整備が確立しておらず、規定よりも高い金利で借り入れてしまったという人が続出しました。

これが、最近テレビなどでよく耳にする過払い金というもので現在の規定で計算し、多く支払い過ぎた金利を意味します。

払い過ぎた金利は返還してもらうことができますが過払い金の払い戻し請求には期限があるので注意が必要です。

完済した日から10年経過すると時効になってしまい過払い金の請求権を失いますから身に覚えのあるという方は過払い金請求に詳しい法律事務所に連絡してみることをおすすめします。