消費者金融審査基準が分からないのでちょっと不安

現在の消費者金融には怖いイメージはないと思いますが

バブル崩壊の頃はサラ金や街金と言われる、いわゆるウシジマくんのような世界でした。

当時はバブル絶頂で金銭感覚が狂ってした人たちが多く簡単にお金を貸してくれるサラ金で借金を繰り返すという人が続出しました。

借りたお金はもちろん利息をつけてきちんと返さなければならないのですが簡単に借金する人ほどお金を甘く見ていますから返済できるわけがありません。

当然、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないことには損益となりますから当時はかなり暴力的な手段で取り立てを行っていたようです。

現在は乱暴な取り立ては法律で禁止されていますので以前のように反社会的集団的と思われる人が自宅に押しかけてきて取り立てるということはありませんのでご安心ください。

最近の消費者金融業界は法律改正効果やCM効果によって堅気じゃない、ブラック企業、恐ろしい…というイメージから払拭されていると言えるのではないでしょうか。

就職先としての人気も上々のようなので消費者金融業界について業務内容や労働条件をみていくことにしましょう。

業務内容について紹介すると、まず債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済遅延者には電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職するにあたり、必須の資格ではありませんが責任者に昇格するには「貸金業務取扱主任者」の資格を有していなければなりません。

年収は大卒の初任給で20から30万円程度のようでノルマ達成するなど成果を上げればボーナスという形で評価されます。

お金を融資してくれる金融機関は数多ありますが大きく分類すると銀行とノンバンクに分けられます。

一般的にノンバンクというのは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社や消費者金融などがあります。

クレジットカード会社などは、商品代金の立て替えが主な業務となり利用限度枠内でキャッシングサービスの提供も行っています。

一方、消費者金融は貸金業務専門の金融機関ですから限度枠内であれば何回でも借入と返済が可能となることが主な特徴です。

消費者金融と銀行の異なる点は業務内容です。

銀行は金融以外にも為替や保険など多岐にわたり様々な商品を取り扱っています。

カードローンの仕組みを知っていますか?カードローンは審査によって個人に貸出限度枠が与えられその範囲の中で何度でも借り入れや返済を行うことができるキャッシングローンです。

決まった日時に借入残高の利息が計算されて返済日に引き落としされる「約定返済」が基本の返済方法となります。

引き落される金額は残高によってランク分けされることになりその金額の範囲内で利息分を差し引いた後の金額が元本の返済となります。

ですから、利息の計算日までに極力元本を減らしておくこのが利息を安くする一番有効な方法なのです。

返済方法には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり多くの収入を得たときなどにある程度まとまった額を返済することで効率良く元本を減らすことができます。

いくつもの消費者金融から借金をしている人は多重債務者と言って金融業界からは目を付けられています。

急な飲み会や探してた欲しいものが見つかったなど予定外の出費が重なって、次の給料日まで水だけで過ごさなくていけない…ということがあると思います。

そんなピンチの時に救ってくれるのがカードローンです!カードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も必要なく、スピーディーに借り入れることができます。

一度カードローンを利用すると簡単に現金を手にすることができるので自分の口座から預金を引き出す感覚で、どんどん借金を重ねてしまう人も多いようです。

預金感覚で引き出していると、あっというまに限度額に達してしまうため他の金融業者と掛け持ちすることになってしまいますのでくれぐれも注意して下さい。

消費者金融は借りる時はとても簡単に貸してもらえるけど返済が遅れたら取り立てが凄いというイメージを持つ人は多いと思います。

数十年前は、法律を無視した怖いお兄さんによる強引な取り立てが多かったのですが近年は法律が改善されたことにより、そのようなことはありません。

金利は銀行カードローンと比べると若干高いのは否めませんが提携ATMの数は銀行に勝っています。

借入や返済もコンビニなどで手軽に行えますしATM手数料が無料という消費者金融が多いですから銀行カードローンよりも便利です。

レディースローンを用意している消費者金融も多いので女性でも安心して申し込めると人気です。

消費者金融と言うと反社会的集団が連想され

悪しき者というイメージを持つ人が多いのが現状です。

バブル崩壊期は法律を無視した暴力的な取り立てや時間を無視して自宅へ押しかけるような乱暴な行為が横行していました。

近年、法律が改正され銀行傘下に入る企業が多くなりブラック企業の面影はなくなっていると言えるでしょう。

最近では、テレビやラジオのCMに今和田の人気タレントを起用したり借金を感じさせない爽やかな内容でイメージアップに成功しています。

しかし、内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまっているため意図が分からない、何のCMだか分からないという声もあります。

住宅ローンには保証人や担保が必要ですがカードローンやクレジットなどの少額ローンはそれらが不要な無担保ローンです。

住宅ローンは住宅を購入するという目的のためのローンで長期に渡る返済ですから返済期間中に問題が発生することがないかを入念に審査する必要があります。

これに対して、カードローンやクレジットカードなどのローンは住宅ローンほど大きな金額を借り入れるわけではありませんし、返済期間も長期ではありません。

ですから、個人の信用だけで借り入れることができますし保証人や担保を設定する必要がないのです。

何より、保証人を立ててしまうと審査に時間を要するためカードローンの良さとされるスピード感の魅力がなくなってしまいます。

消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンは似ているようで違うということをご存知ですか?両者それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のキャッシングのメリットは審査時間が早いことや、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較して金利が高めに設定されていたり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法なのですが貸金業法には総量規制と呼ばれるものがあります。

これは、借り過ぎに歯止めをかけるために制定された規制で借り手の年収の1/3を超えてはいけないというものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンなどといった担保を付けるローンは除外されカードローンやキャッシングのように、無担保のローンにだけ適用されます。

比較的簡単に借入ができるとされている消費者金融ですがその審査能力は突出しています。

審査のハードルが消費者金融より高いとされる銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者ということは、あまり知られていないのではないでしょうか。

貸金業法が改正され大口融資ができなくなった消費者金融業者の多くは銀行の保証会社となることで銀行グループの傘下にはいりました。

あくまで一般的なイメージですが銀行の方が賢いと思うかもしれませんが審査能力やシステムに関しては、比べ物にならないくらい消費者金融の方が数段上手(うわて)と言えます。

銀行業務では業務の一部として金融も行っているだけなので融資をメインとする消費者金融の方が、与信審査の専門性がはるかに高いのです。

消費者金融各社の借入れ条件やデータを比較したい場合ランキングサイトを見れば一覧できます。

消費者金融ごとにまとめて掲載しているサイトもありますし、一覧表にすることで比較しやすく表示してくれているサイトもあります。

各消費者金融についておすすめポイントなどを記載し紹介しているサイトもあるので消費者金融にあまり知識がない人でも、簡単に比較することが可能です。

更にランキングサイトには公式サイトへのリンクを貼っていることがほとんどなので比較したらすぐに申し込みの手続きをすることができるのです。

また、ランキングサイトの中には、審査に申し込む時の記入方法がわかりやすく記載されていたり、審査をクリアするためのコツを教えてくれるサイトもありますので、積極的に利用することをお勧めします。

お金を出資してくれる金融機関は数多くありますが主に銀行とノンバンクに分類されます。

ノンバンクとは銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社や消費者金融などが該当します。

クレジットカード会社や信販会社は商品代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内であればキャッシングサービスも受けることができます。

一方、消費者金融とは貸金業専門になり利用限度枠内であれば何度でも借り入れと返済が可能となります。

銀行と消費者金融が大きく違う点は業務内容です。

銀行は金融以外にも為替や保険など多岐にわたり様々な商品を取り扱っています。